1. TOP
  2. 太陽光発電過積載セット(パネル・パワコン・架台)
  3. JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セット

JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セット

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セット

JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セット

【お見積もり依頼の商品です】
【参考価格】965万円(税抜)
JINKOスーパー過積載セット!

過積載率196%のスーパー過積載セット!!

【パネル】:Jinko 270W JKM270P-60  360枚
【パワコン】:solar edge 24.75kW 2台
【パワコン保証】:20年延長保証付き 
【オプティマイザー】:180台
【トランス】:低圧50kW未満向けダウントランス
【ケーブル】:ケーブル(PVCC40m/本) 10セット
【架台】:4段 10度 横置き

【設置に必要な面積】
設置に必要な面積ですが、架台の角度、土地の形状にもよりますがJINKO 97.2kWKWセットを設置するために必要な面積は

1100㎡~

です。

JINKO 97.2kWKWセットセットに含まれていない主なもの
・集合盤
・工賃
・フェンス
・防草シート
などです。

*施工会社の紹介も可能です。

商品コード: JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セット

商品情報

JINKO 99.9kW ソーラーエッジスーパー過積載セット内容


JINKO 99.9kWKWセット  ソーラーエッジスーパー過積載セット内容




【パネル】
Jinko 270W JKM270P-60  360枚

【パワコン】
solar edge 24.75kW 2台

20年延長保証込みです。

【オプティマイザー】
180台

【監視装置】
ソーラーエッジの場合は、監視装置が無償で提供されます。

1枚1枚発電量を確認することができ、パネルの状況が一目で把握できます!

【トランス】
低圧50kW未満向けダウントランス
パワコンが高圧向けなので、低圧の場合ダウントランスが必ず必要となります。

【ケーブル】
ケーブル(PVCC40m/本) 10セット

【架台】
4段 10度 横置き

中国の架台メーカーに設計~製造までお任せしております!!

架台はその土地の形状、環境に合わせた設計となります。
以下の条件をご連絡いただけましたら、その土地に合わせた架台の
御見積もりを、作成させていただきます。

 【ご連絡いただきたい架台情報】
・アレイ数 :
・設置角度 :
・基礎 :コンクリート、スクリュー
・置き方 :縦置、横置

97.2Wセットのシステム容量は、49.5kwで低圧連携となります。

【設置に必要な面積】
設置に必要な面積ですが、架台の角度、土地の形状にもよりますが
JINKO 97.2kW ソーラーエッジスーパー過積載セットを設置するために必要な面積は

1100㎡~

です。

ソーラーエッジセットはここがすごい!


ソーラーエッジセットはここがすごい!


1.逆転の発想!ソーラーエッジはパワコンからMPPT制御機能を外しました


パワコンはMPPT制御と直流交流変換を行っています。
ソーラーエッジはパワコンからMPPT制御機能を外に出し、パネル側に(2枚単位)オプティマイザーというMPPT制御を行うユニットを取り付ける仕組みにしています。

この構造により
・パワコンはよりシンプルに低価格に
・MPPTは2枚単位で
行えるようになりました。

その結果パワーコンディショナー自体の価格も下がり、保証も手厚くなりました(工場出荷で10年、オプションで10年延長)。


さらに以下のような技術的な優位性があります。

・モジュール枚数単位でMPPT制御をかけていくため通常のパワコンと比較して1~25%の発電量アップ(出力交差や影の影響を最小化)
・オプティマイザー側で電圧を制御するため30直列などのロングストリングが可能に。自由なモジュールレイアウト設計が可能になりました。

ソーラーエッジは従来のパワーコンディショナーとは全く異なる新時代のユニットです。


2.ソーラーエッジなら施工コストも下がります!


・ロングストリング化によりケーブルと施工工数の削減が可能に
・フレキシブルなストリング設計が可能
・オプティマイザーはパネルの下や周辺の架台に取り付けることが可能

パワコンからMPPT機能を外出ししたことで実は施工にも大きなメリットがあります。

三重県津市の国内事例では1MWの高圧サイトで65%の周辺部材の削減を削減しています。

ソーラーエッジの優位性

さらに、同じ1Mでも、ソーラエッジのオプティマイザーを利用した場合の比較がこちらです。

ソーラーエッジの優位性



3.ソーラーエッジなら管理にも大きなメリット。オプティマイザ単位の監視が可能!


ソーラーエッジはオプティマイザー単位(パネル2枚)でパネルをモニタリングすることができます。

従来のモニタリングではパワコン単位のモニタリングが限界だったため、結局どのパネルに異常があるかは現地でストリングチェッカーなどをつかい検査する必要がありました。

しかしソーラーエッジであれば、どのパネルに異常があるのかが一目瞭然にわかります。

また、仮に異常のあるパネルが発生したとしてもその異常はストリングに影響が及ぶことはありません。

これまでのパワコンですとストリング全体に影響が発生してきます。
20年間のロスで考えるととても大きな違いです。

4.ソーラーエッジの隠れた特徴  異常時の安全性が極めて高い


ソーラーエッジシステムでは交流側がオフになった瞬間に直流のストリングケーブルも自動的にオフになります。

パワーオプティマイザが自動的に直流電圧を1Vに低下させることにより、施工、メンテナンス、消防活動時の安全性を高め、災害リスクを低減します。
 
 

施工に関して

ご自分で発注されても、施工はどうしよう??とお悩みの方も多く
いらっしゃると思います。

そんなお客様に!

全国各地どこでも、弊社とお付き合いがある施工業者様をご紹介させていただきます。

お気軽にお問合せください。


太陽発電ムラ市場問合せロゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

スーパー過積載セット特集

太陽光発電所分譲特集

太陽光発電所分譲(価格帯別)

太陽光発電所分譲(地域別)

最近チェックした商品

おすすめ商品

PAGETOP